エクストリーム−D 株式会社 ( 代表取締役:柴田 直樹、本社:東京都品川区、以下:エクストリーム−D )は、ベアメタル クラウド上でHPCで必要とされる仮想スパコン構築運用無人化サービスの開発・販売を行う計画であることを発表します。

エクストリーム−Dにて従来より開発・販売しているパブリッククラウド上に HPC (High Performance Computing) 環境を短時間で構築し、運用までを自動化するサービス「XTREME-DNA™ 」は、2016年11月の発売以来、製造業、アカデミックを中心に多くのお客様にご支持いただいております。本リリースは「XTREME-DNA™ 」のサービスに加え、新たなサービスをエクストリームーD のラインアップに加える意向を表明するものです。

今回開発を開始するサービスは、自社開発の ベアメタル クラウド 上に占有または共有のHPC環境を構築し、運用までを自動化して行うサービス「XTREME-Stargate™」です。小型のゲートウェイアプライアンスをお客様サイトに設置し、エクストリームーD が開発した独自のクラウドHPC環境へシームレスな接続が可能となることで、よりセキュア且つ高性能なクラウドHPC環境のご提供が可能となります。

XTREME-Stargate™について
XTREME-Stargate™ は、2つのメインコンポーネントによって構成されます。

新規開発したクラウドHPCクラスタへシームレスに接続するゲートウェイアプライアンス
  – HPCクラスタシステムのヘッドノードの様にクラウドHPCクラスタへの接続を実現
  – 自社開発のベアメタルクラウドに加え、パブリッククラウドにもシームレスな接続が可能
  – セキュアなデータ管理を実現する機構を内蔵

エクストリームーD独自開発のベアメタルクラウドインフラストラクチャ
  – サーバー占有型と共有型の2つの異なるアーキテキチャを実装することによりお客様の幅広いHPCクラスタのニーズに対応
  – HPCに必要不可欠な性能向上のためのデバイスをサポート (GPU, FPGA, NVMe など)
  – コンテナ技術の採用により、異なるクラウド間でのジョブの可搬性を実現

XTREME-DNA™ で搭載している下記のコア機能は引き続き利用可能です。
– クラウドサブスクリプション管理
– 予算管理およびクラウド利用状況レポート
– ターンキークラウドHPC環境をお客様が迅速に利用可能にする HPCテンプレート

XTREME-Stargate™は、国際スパコン学会 SC18 (2018/11/11-16 に米国テキサス州ダラスで開催 ) にて正式公開に向けて開発を進めておりますが、国際スパコン学会 ISC18 (2018/6/24-28 にドイツ フランクフルトで開催) の弊社ブースにおいて、プロトタイプの展示、デモンストレーションを行う予定です。
それに先立ち、本日よりXTREME-Stargate™ を早期評価利用いただくアーリーアダプターの募集を開始いたします。是非ご応募ください。
お申し込みはこちらから : https://xtreme-d.net/ja/2018-xtreme-stargate-poc/
ご質問及び追加の情報をご希望の場合、下記記載のメールアドレスまでご連絡ください。

※ 記載されている商品名などの固有名詞は、エクストリーム−D株式会社の登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
エクストリーム−D株式会社
Mail:info@xtreme-d.net
電話番号:03-5715-4120