Article by Naoki SHIBATA, CEO and High Performance Cloud Architect

Those who have never used HPC in the cloud often cite connecting to the cloud and monitoring usage fees as major sources of concern. Recognizing this, we have utilized technology to address these concerns and enable clients to feel secure building and utilizing their first cloud-based HPC cluster.

How Do I Connect to the Cloud?
If you’ve never used cloud services, you might be wondering how to reliably connect to the cloud from your corporate LAN, or what exactly you should do to create a connected environment. No matter how well thought-through your HPC cloud solution may be, it will not be worth anything unless you can connect safely and comfortably to your cloud environment.

XTREME-D’s flagship product, XTREME-DNA, is a web-based offering that provides high-end, cloud-based supercomputing, developed by highly skilled HPC architects. XTREME-DNA was designed with the user in mind, so its UI/UX is visual and easy to use, and it walks the user through providing the parameters required to configure an optimal computing environment for their specific needs. Users can quickly access their own ready-to-use system, with OS, middleware, job scheduler, and configurations, all set up and ready to go in as little as 10 minutes.

And if you require even more hand-holding, XTREME-D offers technical support and consulting to help users construct their ideal cloud environment, connect to the cloud, and immediately start running jobs. While not part of the “official” product specs, XTREME-D’s excellent customer support comes with every instance of XTREME-DNA, and goes a long way in creating customer trust. This deep level of technical support is possible only with many years of building cloud environments for customers.

How Do I Monitor Cloud Usage Fees?
HPC in the cloud consumes a lot of cloud resources. And charges start accruing from the moment the power is first turned on, due to usage-based billing. For this reason, a real-time record of consumption cost is key, and XTREME-DNA provides that for you via a sophisticated dashboard that lets you track that data at a glance.

As an example, if you utilize a 1024-core HPC system for 24 hours, it consumes about $5,000 in cloud usage fees. Given this base point, just imagine your surprise should you forget to turn off your HPC cluster, and only find that out by looking at your monthly invoice many days later!

With XTREME-DNA’s budget control features, you can use only what you need for a fixed monthly fee. XTREME-DNA provides tools to configure monthly budget, set up alert thresholds, and obtain detailed usage reports, so that you can avoid overuse entirely. And after deployment, it is extremely easy to manage supervision of your clusters, by turning on or off or deleting your virtual supercomputer with the click of a button.

Delivering the Ultimate HPC Cloud Service
With the built-in ease of configuration and budget control features of XTREME-DNA, you can use cloud HPC with confidence and not worry about accidental cloud usage and the resulting unexpected budget expense.
But XTREME-D wants to go even further in delivering the ultimate HPC cloud service. In the public cloud arena that most users utilize (AWS, Azure, Google Cloud Platform), it is complicated to get virtual machines to maintain HPC performance. XTREME-D is currently working on next-generation solutions that remove this complication by an innovative utilization of infrastructure.

The full concept will be announced shortly, so please stay tuned for the next newsletter, and watch this space!

[コーポレートリリース XD2018-0001]

社名変更と新ロゴに関するお知らせ

2018年1月22日
エクストリームデザイン株式会社

クラウドスパコン構築運用無人化サービス「XTREME DNA」を提供するエクストリームデザイン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:柴田 直樹)は、2018年1月22日付で「エクストリームデザイン株式会社」から「エクストリーム−D株式会社」へ社名を変更いたしました。同時に、コーポレートロゴ、サービスロゴを変更したことをお知らせします。

1.変更内容
旧社名:エクストリームデザイン株式会社
新社名:エクストリーム−D株式会社
新英文社名:XTREME-D Inc.

2. 変更日:2018年1月22日
国内だけでなく海外でも事業を展開していくにあたり、当社の事業内容がより分かりやすい社名といたしました。ロゴについては、いずれもコーポレートカラーの紺とオレンジ色を引き続き使用しています。サービスロゴもコーポレートロゴのデザインを踏襲したデザインとすることで、今後ラインナップを拡充していく際も一貫性のあるロゴ展開としていきます。

AI・深層学習、金融分野、製造分野、医療分野(医用画像分析、創薬シミュレーション)など、大規模な計算リソースのニーズが高まる中、新たな社名のもと、製品開発、事業拡大をより強力に推進して参ります。

今後の展開にご期待いただくとともに、皆様のさらなるご支援を賜りますようお願い申し上げます。

【会社概要】
会社名:エクストリーム−D株式会社 (英語表記:XTREME-D Inc.)
設立:2015年 2月 2日
所在地:東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー205
資本金:418,100,000円 (資本準備金含む)
代表取締役:柴田 直樹 (同志社大学 生命医科学部 医情報学科 嘱託講師)
事業内容:クラウドスパコン構築運用無人化サービス「XTREME DNA」の企画・開発・販売

【本件に関するお問い合わせ先】
エクストリーム−D株式会社
Mail:info@xtreme-d.net
電話番号:03-5715-4120
※ すべての製品名、会社名、商標、サービスマークはエクストリーム−D株式会社に権利が帰属します。

 

Japanese HPC Cloud Startup XTREME Design Raises $2.75M
in Series A Funding, Opens New Markets with US Presence
XTREME announces first North American partner and launches new products at SC 17.

Tokyo, Japan, November 8, 2017 – Japanese HPC Cloud Startup XTREME Design Inc. (XTREME-D) today announced the completion of a $2.75M financing agreement in Series-A round funding led by World Innovation Lab (WiL). The total funding amount is now $4M, including the previous Pre-A round, and WiL is now the lead investor. XTREME-D will be exhibiting at Supercomputing in Denver, Colorado, November 13-16, where the company will be launching and pre-announcing several new products.
XTREME-D is well-known in Japan for architecting technical computing in the cloud. The company develops and sells XTREME DNA, a cloud-based, virtual, supercomputing-on-demand service that provides unattended services ranging from the construction of a high-speed analysis system on the cloud to optimal operation monitoring, and eliminates the systems after use. XTREME DNA was launched to cut costs and make it easy to build HPC clusters in just in 10 minutes. Cost savings extend beyond equipment, as engineers with the specialized skills required to construct complex clusters are no longer needed.

XTREME-D’s new funding will be utilized for R&D, market launch in the US, expanding the feature set of the company’s current products, and developing new solutions for launch in H1 next year. Details about upcoming products can be shared in private meetings at XTREME-D’s booth at Supercomputing, where demos of XTREME DNA and the launch of their new Computer Aided Engineering (CAE) template for ChainerMN (the distributed cloud version of the advanced parallel deep learning framework Chainer) can also be viewed.

“The market is expanding rapidly as demand for high-speed analytical systems for the Internet of Things (IoT), Artificial Intelligence (AI), Deep Learning, and Machine Learning grows,” said Masataka Matsumoto, General Partner of WiL. “These systems are needed not just within traditional HPC but also across broader fields, such as smart cities and bioinformatics. XTREME Design provides access to supercomputing resources for companies that didn’t previously have it, and has tremendous growth potential right now within High Performance Technical Computing and beyond.”

XTREME-D is capitalizing on this exciting market environment with overseas business expansion to both North America and EMEA. Vitec Electronics Americas of San Diego, California, is XTREME-D’s first US reseller, utilizing XTREME-D to provide a range of products, including access to the world’s fastest class GPU instance of SkyScale® (provided by One Stop Systems) running on Microsoft Azure. Partnership with WiL, which has offices in both Japan and United States, will help XTREME-D to make a full-scale entry into the North American market.

German-based ViMOS Technologies is XTREME-D’s first European reseller, and the company is interested in signing up additional ISVs and systems integrators across the US and EMEA. “We have a very strong offering that allows resellers to provide turnkey cloud-based virtual supercomputers to their customers, including software, middleware, and system configuration,” said Naoki Shibata, Founder and CEO of XTREME Design. “Being able to access a virtual supercomputer for minimal budget and no need of a specialized skill set to configure the system is a compelling sales pitch.”

Visit XTREME Design at booth 1485 at SC17 in Denver, Colorado from November 13-16 for an eyes-only sneak peak at next-generation products for the democratization of HPC.

About XTREME Design
XTREME Design Inc. was established in 2015 and is headquartered in Shinagawa-ku, Tokyo. The company has one goal – the democratization of supercomputing. Its cloud-based, virtual, supercomputing-on-demand service XTREME DNA makes HPC resources available to everyone, delivering an easy-to-use customer experience through a robust UI/UX and cloud management features. XTREME DNA delivers high-end compute capabilities supporting private, public, and hybrid cloud, featuring the latest CPUs, GPUs, and interconnect options. Applications include CAE, machine learning, deep learning, high performance data analysis, and IoT. For more information visit https://xtreme-d.net/en .

About World Innovation Labs
World Innovation Labs LLC (WiL) connects entrepreneurs with corporate resources to build global businesses. WiL Fund II, LP is a pooled venture investment development fund managed by WiL and headquartered in Palo Alto, California. The fund specializes in seed investments in technology, media, telecom, and technical services in the United States and Japan, and is engaged in fostering new business through collaboration with large companies. Through this collaboration WiL seeks to develop activities that accelerate open innovation and disseminate entrepreneurial spirit. For more information visit www.wilab.com.

Contact
XTREME Design Inc.
info@xtreme-d.net
https://xtreme-d.net/en

 

[コーポレートリリース XD2017-0010]

2017年10月23日
エクストリームデザイン株式会社

クラウドスパコン構築運用無人化サービスを提供する
エクストリームデザインが 海外展開を目指してWiL Fund II, L.P. 他 より
シリーズAラウンドで3億1千万円強の資金調達を実施

クラウド上に顧客専用のスーパーコンピューターの構築運用制御のすべてを自動化するサービス「XTREME DNA」を開発する エクストリームデザイン株式会社(代表取締役 柴田 直樹 以下 エクストリームデザイン ) は、WiL Fund II, L.P.(CEO 伊佐山 元、以下WiL) 、既存投資家であるフリービットインベストメント株式会社(代表取締役 清水 高)、を引受先とする総額3億1290万円の第三者割当増資を実施したことを発表します。 2017年1月に実施したプレシリーズAラウンドの資金調達などを含めて、これまでの資金調達総額は約4億1000万円強となります。

エクストリームデザインは、クラウド上に高速分析システム (スーパーコンピューター) の構築、最適運用監視、使用後のシステムの消去までを無人化して提供するサービス「XTREME DNA」を開発、販売しています。IoT(Internet of Things)、AI、Deep Learning 等、高速分析システムへのニーズが高まる中、マーケットも急速に拡大しています。こうした盛り上がるマーケット環境下において、当社は、本資金調達による、XTREME DNAの製品開発・プロモーション体制の強化に加え、海外展開を含む事業拡大と体制強化を実施致します。

今回、リード投資家としてWiLとパートナーシップを組むことで、日米両国に拠点をもつWiLの米国へのネットワークを活用した北米領域への本格的進出を実施します。

なお、本調達後の役員人事については、同社社外取締役に 株式会社WiL General Partner 松本真尚 氏 、 監査役に 塩尻公認会計士事務所 所長 塩尻明夫 氏 (公認会計士、税理士、公認不正検査士)が就任予定です。

カバー写真) 向かって右から、 株式会社WiL General Partner 松本真尚氏、 エクストリームデザイン株式会社 代表取締役CEO 柴田直樹、 同 取締役CTO 奥野慎吾、株式会社WiL アソシエイト 村岡和彦氏

会社概要:
会社名 エクストリームデザイン株式会社 ( 英語表記 ): XTREME DESIGN Inc.
設立 2015年 2月 2日
所在地 東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー205
資本金 418,100,000円 ( 資本準備金含む )
代表取締役 柴田 直樹 ( 同志社大学 生命医科学部 医情報学科 嘱託講師 )
事業内容 クラウドスパコン構築運用無人化サービス「XTREME DNA」の企画・開発・販売

 

■WiL Fund II, L.P.について
WiL Fund II, L.P.は、WiL, LLC(米国カルフォルニア州本社)が運営するベンチャー投資育成のファンドであり、各界を代表する事業会社からの出資を受け、主に日米のベンチャー企業への投資や、大企業との連携による新規事業の育成等を手がけております。また、大企業とベンチャーのコラボレーションをプロデュースすることを通じて、オープンイノベーションを加速させ、起業家精神を普及する活動も展開しております。

■エクストリームデザイン株式会社について
2015年2月に設立。「スーパーコンピューターの民主化」を目指し、クラウド向け従量課金型スーパーコンピューターのクラウドスパコン構築運用無人化サービスを開発しています。従来からスパコンを利用している製造業、金融業、創薬バイオだけでなく、高性能マシンの高度な演算機能がカギになるフィンテックや IoT(Internet of Things)、医療画像解析、機械学習・深層学習といった人工知能(AI)関連の企業や団体へマーケットを拡大しています。
企業URL:http://xtreme-d.net/

 

[本件に関するお問い合わせ] エクストリームデザイン株式会社
Mail: info@xtreme-d.net
電話番号:03-5715-4120

[コーポレートリリース XD2017-0009]

2017年 9月 8日

弊社役員人事について

 エクストリームデザイン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:柴田 直樹) は、平成29年8月21日の株主全員の承認を経て、下記のとおり取締役の就任を決定いたしましたことをお知らせいたします。

新任

取締役 最高技術責任者 奥野 慎吾 ( おくの しんご )     執行役員 最高技術責任者 から昇格
(2017年 9月6日 登記)

 

本プレスリリースに関するお問合せ先:

エクストリームデザイン株式会社 代表取締役 柴田 直樹

Mail:info@xtreme-d.net

XTREME design Inc.

engaged David Barkai as adviser for its entry to the US market with its own HPC cloud service

September 1, 2017

XTREME Design Inc., a Japanese startup offering a cloud-based, virtual, supercomputing-on-demand service, today announced that it engaged Dr. David Barkai as an adviser for entering the US market with its own HPC cloud service. In this role, Dr. Barkai will leverage his deep experience in HPC technology to provide the fast-growing company with strategic guidance as it expands into the US market. XTREME Design Inc. is planning to exhibit at Supercomputing 2017 to be held in Denver in November (Booth #1485).

Dr. David Barkai:
David is a long time HPC practitioner with over 35 years of experience. He entered the field very shortly after receiving a Ph.D. in theoretical physics. A common thread of Davidʼs career is a focus on the relationships between applications/workloads and architecture. He was in several HPC companies during their hay days – Control Data, Floating Point Systems, Cray Research, Supercomputing Systems Inc., as well as a stint at NASA Ames. And, more recently, in Intel for 15 years ‒ most of it as one of its HPC experts. After retiring from Intel, Dr. Barkai stayed involved with HPC through a couple of years each at Cray and SGI.

About us:
XTREME Design Inc. is a well-funded startup with over 15 years of experience in high-performance computing and cloud technologies. Their IaaS computing services deliver an easy-to-use customer experience through a robust UI/UX and cloud management features. The XTREME DNA product delivers high-end cloud-based compute capabilities supporting private, public, and hybrid cloud, featuring the latest CPUs, GPUs, and interconnect options. Applications include Computer Aided Engineering (CAE), machine learning, deep learning, high performance data analysis, and the Internet of Things (IoT).

For additional information, please contact: info@xtreme-d.net
https://xtreme-d.net/

[コーポレートリリース XD2017-0008]

2017年 9月 1日
エクストリームデザイン株式会社

エクストリームデザイン、クラウドスパコン構築無人化サービス 「XTREME DNA HPC Cloud 」に Preferred Networks 社の ChainerMN テンプレートを新たに追加
– Microsoft Azure の InfiniBand 搭載 GPUインスタンスを活用し、即利用可能な大規模分散並列環境においてChainerの活用をサポート –

エクストリームデザイン株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役:柴田 直樹、以下「エクストリームデザイン」)は、自社開発のクラウドスパコン構築運用無人化サービス「XTREME DNA」にMicrosoft Azure の GPUインスタンスの分散並列環境テンプレートに、Preferred Networks社が開発する分散深層学習パッケージ ChainerMN を追加し、2017年10月よりサービスを開始することを発表致します。

現在、より大きなデータを活用してより精度の高いモデルを実現するために、深層学習で使われるモデルのパラメータ数や計算量も増大しております。その計算は数日以上かかる問題もあり、分散並列環境で高速化する需要が高まっています。

XTREME DNA はこれらの問題を解決するため、従量課金のパブリッククラウド上に高速分析システム(スーパーコンピューター)を短時間で自動構築し、最適運用、使用後のシステムの消去までを独自の技術による学習モデルを採用することにより無人化サービスとして提供します。これにより、システム構築の知識がなくてもスーパーコンピューターを利用可能となり、ビッグデータ分析の高速化の実現と構築運用コストの大幅な削減に貢献しています。今回、自動構築のアプリケーションセットアップ部分のテンプレートに ChainerMN を新たに採用することにより、深層学習でより高速演算を求めているお客様向けに、知識不要且つ短時間で仮想スーパーコンピューター環境を提供します。自動化によって自由にデプロイ、管理監視、電源制御を行って頂くことにより、大幅なコスト削減の実現が可能になります。

本リリースに際し、株式会社Preferred Networks,、日本マイクロソフト株式会社 より下記の通りコメントを頂いております。
エクストリームデザイン × Azure × ChainerMN が連携することで、大規模分散深層学習に必要なインフラ周りの環境構築が不要になるだけでなく、研究開発コストの管理も容易になります。世界トップレベルの研究機関に匹敵する計算機環境を必要な分だけすぐに利用できることは、深層学習の研究者・開発者にとって大きなメリットになると思います。PFNは、クラウドスパコンの構築・運用実績が豊富なエクストリームデザインによるChainerMNのサポートを歓迎します。

株式会社Preferred Networks
代表取締役社長 最高経営責任者
西川 徹 氏

日本マイクロソフトは、エクストリームデザイン株式会社のクラウドスパコン構築無人化サービス「XTREME DNA HPC Cloud 」にMicrosoft Azure GPUインスタンスを使用した ChainerMN が追加されることを心より歓迎いたします。これにより、マイクロソフト コーポレーションと株式会社 Preferred Networks が推進している人工知能や深層学習の実社会での応用が加速することを期待しています。今後も日本マイクロソフトは、エクストリームデザイン株式会社との連携のもと、お客様の事業発展に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務 パートナー事業本部長 兼 コンシューマー&デバイス事業本部長
高橋 美波 氏

■ ChainerMN(チェイナー・エムエヌ)について
オープンソースの深層学習フレームワークChainer に、マルチノードでの分散学習機能を追加するパッケージ ChainerMN (「MN」は「Multi Node」の略)は、1ノード内の複数GPUまたは複数ノード間の両方での高速な通信により大規模分散深層学習を実現します。( https://github.com/pfnet/chainermn )

■「XTREME DNA」について
エクストリームデザインが開発する「XTREME DNA」は、「Microsoft Azure」に完全対応したクラウドスパコン構築運用無人化サービスです。本サービスは2016年11月に米国で開催されたスパコン学会「SC16」で発表し、製品提供を既に開始しています。既に製造業様向けシステム等の出荷実績もあり、さらなる拡販を進めています。( https://xtreme-d.net )

■ Preferred Networks について
IoTにフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的に、2014年3月に創業。デバイスが生み出す膨大なデータを、ネットワークのエッジで分散協調的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱し、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域において、イノベーションの実現を目指しています。
オープンソースの深層学習フレームワークChainer(チェイナー)や、アプリケーションを含む統合ソリューションDeep Intelligence in-Motion(DIMo、ダイモ)の開発・提供をはじめ、トヨタ自動車株式会社、ファナック株式会社、国立がん研究センターなどの世界をリードする組織と協業し、先進的な取り組みを推進しています。(https://www.preferred-networks.jp/ja/)

■ 日本マイクロソフト株式会社について
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する会社」を目指します。

■エクストリームデザイン株式会社について
2015年2月に設立。「スーパーコンピューターの民主化」を目指し、クラウド向け従量課金型スーパーコンピューターのクラウドスパコン構築運用無人化サービスを開発しています。従来からスパコンを利用している製造業、金融業、創薬バイオだけでなく、高性能マシンの高度な演算機能がカギになるフィンテックやIoT(Internet of Things)、医療画像解析、機械学習・深層学習といった人工知能(AI)関連の企業や団体へマーケットを拡大しています。
企業URL:http://xtreme-d.net/

 

【本サービスに関するお問い合わせ】
エクストリームデザイン株式会社
Mail: info@xtreme-d.net
電話番号:03-5715-4120

※ すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは各社に権利が帰属します。

[コーポレートリリース XD2017-0007]

2017年8月31日
エクストリームデザイン株式会社

クラウドスパコン構築無人化サービス「XTREME DNA」にインテル® Parallel Studio XE の月次利用権付き新サブスクプションの販売を開始
– アプリケーションのパフォーマンス向上を支援するIntelのソフトウェア開発スイートが月額料金で利用可能に –

エクストリームデザイン株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役:柴田 直樹、以下「エクストリームデザイン」)は、クラウドスパコン構築無人化サービス「XTREME DNA」にインテル® Parallel Studio XE を月次利用可能な新サブスクリプションの販売を開始することを発表します。

インテル® Parallel Studio XEは、インテル社が自社製マルチコア・プロセッサーの並列性能を最大限発揮させ、並列処理の実装における特有の問題点を素早く解決するために開発したコンパイラー/デバッガー/プロファイラー各製品を含む統合ツールキットです。

日本での販売・サポートはエクセルソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 名取弘人、以下「エクセルソフト」)が行なっております。従来は年額ライセンスのみ販売されていましたが、エクセルソフトとインテル社のご支援により月額ライセンスを設定頂くことにより販売が実現いたしました。これに伴い、エクストリームデザインでは「XTREME DNA」の従来のメニューに加えて、インテル® Parallel Studio XE の月次利用権をつけた新たなサブスクリプションモデルの販売を開始致します。

【製品詳細】
XTREME DNA Parallel Studio XE 搭載 月額サブスクリプション(仮称)
– 発売開始予定日: 2017年9月11日
– ご提供金額: お問い合わせください

【搭載されるインテル製品の概要】
インテル® Parallel Studio XE Cluster Edition for Linux
https://www.xlsoft.com/jp/products/intel/studio_xe/index.html
※月額ライセンスには、1か月分のサポートサービス (最新版へのアップグレード、技術サポート) が含まれます。
※ インテル® コンパイラーは日本語版が提供されており、以下の項目が日本語化されています。
-コマンドライン上のコンパイラー・メッセージ
-IDE 上のコンパイラー・メッセージ
-製品マニュアル

本リリースに際し、エクセルソフト株式会社 取締役社長 西 伸顕様は、以下のようにコメントしています。

エクストリームデザイン様の「XTREME DNA」にインテル® Parallel Studio XE を採用いただいたことを心より感謝いたします。ユーザーの皆様は今までより身近に最新の HPC 環境を活用することができるようになり、今後の様々な分野の研究におけるシミュレーション、分析、モデル開発の促進につながることを確信しております。エクセルソフトはエクストリームデザイン様のビジネスパートナーとして HPC 業界での事業発展を推進して参ります。

■「XTREME DNA」について
エクストリームデザインが開発する「XTREME DNA」は、パブリッククラウド上に高速分析システム (スーパーコンピューター) の構築、最適運用監視、使用後のシステムの消去までを無人化して提供する月額サブスクリプションサービスです。高額なハードウェア、アーキテクトによる設計構築、運用監視の 3 つの費用を劇的に削減することで、従来スーパーコンピューターを使うことができなかった小中規模の各種解析の現場から、自分専用の高速分析システムの短期間利用といった既にスパコンを利用されている方にもご満足頂けるサービスを実現します。

■エクセルソフト株式会社について
エクセルソフト株式会社は、世界中の優れたソフトウェアを日本およびアジアにおいて販売しています。インテル® ソフトウェア開発製品やモバイル開発支援ツール、PDF 開発ツール、ZIP 圧縮/暗号ツール、ドライバ開発ツール、VR 編集ツールなど、幅広い製品を提供し、開発者の多様なニーズに応えています。
企業URL:https://www.xlsoft.com/jp/index.html

■エクストリームデザイン株式会社について
2015年2月に設立。「スーパーコンピューターの民主化」を目指し、クラウド向け従量課金型スーパーコンピューターのクラウドスパコン構築運用無人化サービスを開発しています。従来からスパコンを利用している製造業、金融業、創薬バイオだけでなく、高性能マシンの高度な演算機能がカギになるフィンテックやIoT(Internet of Things)、医療画像解析、機械学習・深層学習といった人工知能(AI)関連の企業や団体へマーケットを拡大しています。
企業URL:http://xtreme-d.net/

【本サービスに関するお問い合わせ】
エクストリームデザイン株式会社
Mail: info@xtreme-d.net
電話番号:03-5715-4120

※ すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは各社に権利が帰属します。

[コーポレートリリース XD2017-0006]

2017年8月30日
エクストリームデザイン株式会社

Dr. David Barkai 氏 技術顧問就任のお知らせ
NASA、Intel、CRAY、SGI(HP)においてスーパーコンピューティング、HPC 分野を長年牽引してきた Dr. David Barkai 氏をお迎えし、米国での事業展開を加速

エクストリームデザイン株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役:柴田 直樹、以下「エクストリームデザイン」)は、2017年9月1日付けで Dr. David Barkai 氏が技術顧問に就任することをお知らせします。

David 氏は、主にNASA, 米Intel でスーパーコンピューターのアーキテクトに従事したあと、米CRAY, 米SGI(現ヒューレットパッカード)で Technical Director としてHPCソリューション事業開発をリードされてきました。このたびエクストリームデザインの技術顧問に就任頂き、米国でのビジネス展開のサポートをいただきます。

エクストリームデザインは、パブリッククラウド上に高速分析システム (スーパーコンピューター) の構築、最適運用監視、使用後のシステムの消去までを無人化して提供するサービス「XTREME DNA」を開発、販売しています。IoT(Internet of Things)、AI、Deep Learning 等、高速分析システムへのニーズが向上するとともに、マーケットも急速に拡大しています。David Barkai 氏の技術顧問の就任により、国内だけでなく北米での事業展開も強力に推進して参ります。

■David Barkai 氏プロフィール:
米国在住、理論物理学博士。サイエンス分野でのスーパーコンピューティングで35年のキャリアを持つエンジニア。CDC、Floating Point Systems、Cray Research, Inc.、NASA、Intel Corporationに所属し、HPCを興隆期から支える。Intel退職後も Cray Inc.、SGI(Silicon Graphics International Corp.)、HP においてHPCの事業推進を歴任した。

■エクストリームデザイン株式会社について:
2015年2月に設立。「スーパーコンピューターの民主化」を目指し、クラウド向け従量課金型スーパーコンピューターのクラウドスパコン構築運用無人化サービスを開発しています。従来からスパコンを利用している製造業、金融業、創薬バイオだけでなく、高性能マシンの高度な演算機能がカギになるフィンテックや IoT(Internet of Things)、医療画像解析、機械学習・深層学習といった人工知能(AI)関連の企業や団体へマーケットを拡大しています。
企業URL:http://xtreme-d.net/

 

【本件に関するお問い合わせ】
エクストリームデザイン株式会社
Mail: info@xtreme-d.net
電話番号:03-5715-4120

※ すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークはエクストリームデザイン社に権利が帰属します。

 

 

 

 

[コーポレートリリース XD2016-0002]

2016年 12月 21日

弊社役員人事について

エクストリームデザイン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:柴田 直樹) は、平成28年11月1日開催の株主総会の承認を経て、下記のとおり取締役の就任を決定いたしましたことをお知らせいたします。

  • 新任社外取締役

吉澤  尚 ( よしざわ なお )

 

本プレスリリースに関するお問合せ先:

エクストリームデザイン株式会社 代表取締役 柴田 直樹

Mail:info@xtreme-d.net