エクストリーム−D 株式会社 ( 代表取締役:柴田 直樹、本社:東京都品川区、以下:エクストリーム−D )は、ベアメタル クラウド上でHPCで必要とされる仮想スパコン構築運用無人化サービスの開発・販売を行う計画であることを発表します。

エクストリーム−Dにて従来より開発・販売しているパブリッククラウド上に HPC (High Performance Computing) 環境を短時間で構築し、運用までを自動化するサービス「XTREME-DNA™ 」は、2016年11月の発売以来、製造業、アカデミックを中心に多くのお客様にご支持いただいております。本リリースは「XTREME-DNA™ 」のサービスに加え、新たなサービスをエクストリームーD のラインアップに加える意向を表明するものです。

今回開発を開始するサービスは、自社開発の ベアメタル クラウド 上に占有または共有のHPC環境を構築し、運用までを自動化して行うサービス「XTREME-Stargate™」です。小型のゲートウェイアプライアンスをお客様サイトに設置し、エクストリームーD が開発した独自のクラウドHPC環境へシームレスな接続が可能となることで、よりセキュア且つ高性能なクラウドHPC環境のご提供が可能となります。

XTREME-Stargate™について
XTREME-Stargate™ は、2つのメインコンポーネントによって構成されます。

新規開発したクラウドHPCクラスタへシームレスに接続するゲートウェイアプライアンス
  – HPCクラスタシステムのヘッドノードの様にクラウドHPCクラスタへの接続を実現
  – 自社開発のベアメタルクラウドに加え、パブリッククラウドにもシームレスな接続が可能
  – セキュアなデータ管理を実現する機構を内蔵

エクストリームーD独自開発のベアメタルクラウドインフラストラクチャ
  – サーバー占有型と共有型の2つの異なるアーキテキチャを実装することによりお客様の幅広いHPCクラスタのニーズに対応
  – HPCに必要不可欠な性能向上のためのデバイスをサポート (GPU, FPGA, NVMe など)
  – コンテナ技術の採用により、異なるクラウド間でのジョブの可搬性を実現

XTREME-DNA™ で搭載している下記のコア機能は引き続き利用可能です。
– クラウドサブスクリプション管理
– 予算管理およびクラウド利用状況レポート
– ターンキークラウドHPC環境をお客様が迅速に利用可能にする HPCテンプレート

XTREME-Stargate™は、国際スパコン学会 SC18 (2018/11/11-16 に米国テキサス州ダラスで開催 ) にて正式公開に向けて開発を進めておりますが、国際スパコン学会 ISC18 (2018/6/24-28 にドイツ フランクフルトで開催) の弊社ブースにおいて、プロトタイプの展示、デモンストレーションを行う予定です。
それに先立ち、本日よりXTREME-Stargate™ を早期評価利用いただくアーリーアダプターの募集を開始いたします。是非ご応募ください。
お申し込みはこちらから : https://xtreme-d.net/ja/2018-xtreme-stargate-poc/
ご質問及び追加の情報をご希望の場合、下記記載のメールアドレスまでご連絡ください。

※ 記載されている商品名などの固有名詞は、エクストリーム−D株式会社の登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
エクストリーム−D株式会社
Mail:info@xtreme-d.net
電話番号:03-5715-4120

– HPC appliance delivers new way to access cloud, helps clients manage data security risks –

Tokyo, Japan, May 10, 2018 – Japanese HPC Cloud Company XTREME-D today announced a Proof of Concept (PoC) program for XTREME-Stargate (trademark pending), a gateway appliance that delivers a new way to access and manage high performance cloud. The appliance removes security concerns when using public or hybrid cloud by providing secure hardware-based data management and access to two types of dedicated HPC baremetal instances at the “secure” and “secret” security levels at the data center. It is currently in development and will launch at SC 18, with a prototype available at ISC 18 next month.

XTREME-Stargate is a small set-top linux appliance that can easily connect to HPC cloud with basic setup over a web portal using the XTREME-DNA interface. It functions as a “super head node” for HPC cloud clusters, providing access to on-premise, private, and public cloud without integration headaches, and allowing connections to baremetal cloud (either shared or dedicated), in addition to the public cloud vendors such as Azure and AWS that have always been accessible via XTREME-DNA.

XTREME-D, formerly known as XTREME-Design Inc., is well-known in Japan for architecting technical computing in the cloud. The award-winning company develops and sells XTREME-DNA, a cloud-based, virtual, supercomputing-on-demand service that provides unattended services ranging from the construction of a high-speed analysis system on the cloud to optimal operation monitoring, and eliminates the systems after use. XTREME-DNA was launched to cut costs and make it easy to build HPC clusters in just in 10 minutes. Cost savings extend beyond equipment, as engineers with the specialized skills required to construct complex clusters are no longer needed.

“XTREME-Stargate was developed to bring more features and larger-scale functionality to our global customers,” said Naoki Shibata, Founder and CEO of XTREME-D. The company’s global customers cannot currently take advantage of the additional HPC cloud services XTREME-DNA can offer when used in conjunction with IaaS provided by SkyScale®, as SkyScale is only offered in US-based data centers. “XTREME-Stargate is a product for larger Enterprise customers and longer-term use, and allows for use of private cloud and Hybrid cloud, whereas XTREME-DNA is a product for the small- and mid-sized market, and is mainly focused on public cloud use,” explained Shibata.

XTREME-D is currently looking for early adopters who are interested in participating in a Proof of Concept (PoC) program for XTREME-Stargate during Q4 2018. The company will accept 10 qualified users in total; eight will get access to XTREME-D’s new dedicated cloud IaaS via a virtual machine, and two will get to try the physical set-top box. Applicants will be selected on a first come, first served basis. To apply, please visit https://xtreme-d.net/en/2018-xtreme-stargate-poc.

Visit XTREME-D at booth J-513 at ISC 18 in Frankfurt, Germany from June 25–27 for an eyes-only sneak peak at XTREME-Stargate.

 

About XTREME-D
XTREME-D, Inc. was established in 2015 and is headquartered in Shinagawa-ku, Tokyo. The well-funded, award-winning startup boasts leadership with over 15 years of experience in high-performance computing and cloud technologies. Its cloud-based, virtual, supercomputing-on-demand service XTREME-DNA makes HPC resources available to everyone, delivering an easy-to-use customer experience through a robust UI/UX and cloud management features. XTREME-DNA delivers high-end compute capabilities supporting private, public, and hybrid cloud, featuring the latest CPUs, GPUs, and interconnect options. Applications include CAE, machine learning, deep learning, high performance data analysis, and IoT.