1. HOME
  2. What's New
  3. HPCシステムにおけるユーザー/グループ管理

What's New

最新情報

Tech Blog

HPCシステムにおけるユーザー/グループ管理

現代のHPCシステムでは、何千人ものユーザーからの大量のジョブを管理する能力を持っています。スケジュールされたジョブを正常に実行し、消費された計算リソースに関する情報を適切に収集するためには、SlurmやPBSなどのジョブスケジューラーは、1つのジョブに関連するすべての計算ノードが、同じグループID、ユーザーID、パスワード、ホームディレクトリパスであってほしいと期待しています。つまり、HPCクラスターのすべての管理ノードと計算ノードの間で、既存ユーザーとグループを集中的に同期させる機能を提供する必要があります。

以前の記事で、Dockerで動作するSlurmでサポートされたシンプルなHPCクラスタを展開する方法に関する簡単なガイドを提供しました。ここでは、ユーザーとグループの管理システムを統合することで、その内容を拡張したいと思います。しかし、ソースコードや設定ファイルを修正する前に、Linuxオペレーティングシステム上で動作するHPCクラスタにおけるユーザとグループの管理の基本的なアーキテクチャについて説明したいと思います。アーキテクチャに関する知識を得た上で、ユーザー/グループの管理方法について解説します。

複数ユーザーに複数ノードへのアクセスを提供する方法

Linuxノードにおけるユーザーとグループ管理は、一見簡単そうに見えます。以下のファイルがユーザーとグループ管理に関連しています。

  • etc/passwd/:ユーザー名、UID、GID、ホームディレクトリ、デフォルトシェル、GECOS(ユーザーの一般的な説明)を含む一般的なユーザー情報
  • etc/shadow:ユーザーのパスワードをハッシュ化したもの
  • /etc/groupグループ名、GID、GECOS を含む一般的なグループ情報 (グループの一般的な説明)

Slurmで管理されているシンプルなHPCクラスタがあり、そこでジョブを実行する必要があるとします。デフォルトでインストールされているLinuxでは、UIDとGIDが0のrootユーザーが存在するため、rootユーザーとしてジョブを実行すると、すべてが正常に実行されます。異なるジョブを異なるユーザーで実行したい場合は、各ノードにこれらのユーザーを作成し、各ユーザーのすべてのパラメータが、そのユーザーが実行するすべてのノードで同一でなければなりません。クラスタ上のユーザーとグループの分布は以下の図のようになります。

特定ユーザーの情報を更新したい場合、各ノードの対応するファイルを更新しなければなりません。これは便利でも合理的でもありません。そこで、ローカルファイルの代わりに、ユーザーとグループを集中管理するストレージと、ユーザーとグループをネットワーク内の関連するすべてのノードに配布するツールが必要となります。

更新された図では、「auth_server_01」というコンポーネントには、集中化されたユーザーとグループのストレージが含まれており、「auth_server_01 connector daemon」は、ユーザーとグループをストレージから特定のノードに配信するソフトウェアツールを表しています。

これは最初の構成より良くはなっていますが、まだ十分ではありません。ユーザーのストレージがダウンした場合、計算ノードにもアクセスできなくなってしまうからです。また、特定のノードが他のノードと共有すべきではないジョブを持っている場合もあります。例えば、そのノード専用のソフトウェアを実行するジョブなどです。

最善の解決策は、あらかじめ定義された優先順位で、ローカルファイルと集中管理されたストレージを管理することです。言い換えれば、最初のソースからユーザー情報を取得できなかった場合、次に2番目のソースからユーザー情報を取得できるように設定します。このアルゴリズムは、図の中で「SWITCH」と表示されています。

最後に、図に別の「auth_server」コンポーネントを追加することで、複数の独立した集中型ユーザーとグループストレージサービスが存在するようになります。

これで完了です。HPCクラスターのユーザーとグループの管理モデルが完成しました。これは、実際のHPCクラスターでも同じように動作します。つまり、図に示したコンポーネントはすべて、Linuxで実際に実装されています。

上の図にあるように、HPCクラスターのすべてのノードでユーザーとグループを同期させるためには、3種類のコンポーネントを設定する必要があります。

  • ディレクトリサービス(ネームサービス):ユーザーとグループの管理を担当するサービス
  • ネームサービスデーモン:クラスタの各ノード上で動作するデーモンで、ディレクトリサービスから特定のノードへのユーザーとグループのデータ配信を担当します。
  • ネームサービススイッチ:接続されたディレクトリサービスの順序と優先順位を定義するオペレーティングシステムツール

これらのコンポーネントを詳細に確認してみましょう。

ディレクトリサービス:集中型ユーザー/グループ管理

Linuxオペレーティングシステムは、ネットワーク指向のシステムであり、ネットワーク内で共有されているシステムリソースを動的にロードすることができるように設計されています。システムリソースとは、ユーザー、ユーザーのパスワード、グループ、メールエイリアス、DNS(Domain to IP Map)などである。ネットワークノード間でシステムリソースを提供・分配するネットワークサービスを「ディレクトリサービス」(またはネームサービス)と呼びます。

ユーザーやグループを管理するディレクトリサービスシステムは数多くあります。初期のものは、規格や慣習に頼らず、ゼロから作成されていました。その後、ディレクトリサービスの操作を定義し、共通のインターフェースを提供するために、X.500と呼ばれる一連のコンピュータネットワーク標準規格が作成されました。X.500規格では、ディレクトリサービスの以下の項目が定義されています。

  • クライアントとディレクトリサービスの関係
  • 2台のディレクトリサーバの相互運用方法
  • ディレクトリサーバによる情報の複製方法
  • 複製など、ディレクトリ同士の合意事項の管理方法
  • 認証と認可

後にX.500規格は簡素化され、LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) へと発展しました。この規格は、ディレクトリサービスの操作や手順をより正確に定義したものです。

例えば

  • LDAP Data Interchange Format (LDIF)を用いて、追加、変更、削除、検索などの操作手順を文書化したもの
  • データ構造をカスタマイズするための拡張可能なメカニズム、”スキーマ “と呼ばれるもの
  • データの暗号化とセキュリティ

このように、ディレクトリサービスの実装は2つのグループに分けることができます。

  • LDAPベースのシステム
    • OpenLDAP 
    • FreeIPA(レッドハット)
    • Active Directory(マイクロソフト)
  • LDAP以前に作られたシステム
    • ヘシオド
    • Network Information Service (NIS)、旧Yellow Pages (YP)(サンマイクロシステムズ)
    • バニヤンVINES

現在、最も普及しているディレクトリサービスシステムはLDAPです。しかし、シンプルで信頼性の高いLDAP以外のシステムも広く利用されています。

ネームサービスデーモン:ディレクトリサービスコネクター

ネットワークノードとディレクトリサービスの間の接続を提供するために、各ノードは特定のデーモンを実行する必要があります。各ディレクトリサービスディストリビューションは、コネクターデーモンのための独自の実装を提供することができます。LDAPベースのサービスの場合は、LDAPをサポートするデーモンを使用することができます。

例えば、以下のパッケージをネームサービスデーモンとして使用することができます。

  • nslcd:LDAP用
  • システムセキュリティサービスデーモン(SSSD):LDAP用
  • ypbind:NISバージョン2用
  • rpc.nisd:NISバージョン3 (NIS Plus) 用

通常、ネームサービスデーモンを設定するには、以下の手順を踏む必要があります。

  • 接続するディレクトリサービスのネットワークアドレスの設定
  • ディレクトリサービス上の現在のノードの認証の設定
  • デーモンの実行

ネームサービススイッチ:複数のディレクトリサービス間のルーティング

前述の通り、ネームサービススイッチ(NSSwitch)は、システムリソースに優先順位をつけるように設計されています。Linuxシステムでは、設定ファイル”/etc/nsswitch.conf “を変更することで、優先順位を設定することができます。デフォルトでは、以下のようになっています。(この設定ファイルのコメント行は省略しました。)

passwd:         files
group:          files
shadow:         files
gshadow:        files

hosts:          files dns
networks:       files

protocols:      db files
services:       db files
ethers:         db files
rpc:            db files

netgroup:       nis

設定ファイルは、key: valueのペアのリストで構成されています。

  • keyは、リソースの名前になります
  • valueは、スペースで区切られたソースの名前のリストで、これらのソースは、最初の応答が成功するまで、要求されたリソースのために次々とポーリングされます

ご覧のように、Linuxではデフォルトでローカルのプレーンテキストファイル (files) や拡張子が.dbのローカルバイナリファイルから情報を取得します。しかし、このファイルは必要に応じて自由に更新することができます。

例えば、NSSwitchの設定で以下のような構成となっている場合、システムはまずローカルファイルでユーザーとグループを探し、次にLDAPデータベースで探し、最後にNISデータベースで探します。何も見つからなかった場合、システムはエラーレスポンスを返します。

passwd:     files ldap nis
group:      files ldap nis
shadow:     files ldap nis

システム構成によっては、以下の例のようにフォールバックシナリオを提供することもできます。つまり、LDAPとNISのどちらのデータベースでもユーザーやグループが見つからなかった場合、システムはローカルのユーザーやグループのリストにフォールバックする必要があります。

passwd:     ldap nis files
group:      ldap nis files
shadow:     ldap nis files

[NOTFOUND=return]により、現在の行でこのキーワードの後にリストされているすべてのソースを無視されます。以下の例では、ルックアップは「ldap」ソースの後で停止します。

passwd:     files ldap [NOTFOUND=return] nis
group:      files ldap [NOTFOUND=return] nis
shadow:     files ldap [NOTFOUND=return] nis

ソース名は以下のようになります。

  • files:ローカルファイルpasswd、shadow、group
  • db:バイナリデータベースにコンパイルされたローカルファイル (.dbファイル)
  • nis:NISバージョン 2 (Yellow Pages (YP) とも呼ばれる) 用
  • nisplus:NISバージョン 3 以降用
  • dns:ドメインネームサービス用
  • compat:NIS のコンパティモード用
  • hesiod:Hesiod用
  • ldap:nslcd (LDAP) 用
  • sssd:システムセキュリティサービスデーモン用

詳細は、関連するLinuxのマニュアル「man 5 nsswitch.conf」に記載されています。

まとめ

この記事では、HPCクラスタのすべてのノードのユーザーとグループの同期を提供する方法について解説しました。ここまでで、ディレクトリサービスとそれと通信するLinuxツールに関する基本的な知識が得られました。今後の記事では、前回説明したDockerのSlurmクラスタの拡張機能として、ディレクトリサービスをインストールして設定する方法について説明します。

<著者について>
Yury Krapivkoは、10年以上の豊富な実務経験を持つソフトウェアエンジニアです。フルスタックのウェブ開発、クラウドエンジニアリング、ハイパフォーマンスコンピューティングなど、さまざまなプロジェクトに携わっており、HPC分野だけでも5年以上の経験を持っています。